「初めての方へ」
2015年、がんと診断された方はおよそ100万人、がん死亡数はおよそ37万人となっております。現在の日本のがん検診率は約35%です。10年前より10%増加しましたが、先進国のがん検診率の半分以下です。検診を受けない理由としまして「受ける時間がない」「費用が掛かりすぎて経済的にも負担になる」「がんであることが分かるのが怖い」「必要な時にいつでも医療機関を受診できるから今はまだよい」「うっかり忘れてしまう」「受ける場所が不便」「がん検診を受けても見落としがあるのではないか」など多くの理由があります。
DOGLABでは、呼気を専用のバッグに入れて送っていただくだけのシンプルなシステムを採用しており、時間のない方や、検査の苦痛やストレスから、これまで検査を敬遠されてきた方も簡単にがんの有無を知ることができます。判定の結果、がんが見つかった場合、大学病院、がん専門病院で精密な検査を受けていただきます。
グラフ:国別がん死亡率の推移 グラフ:がん罹患数 死亡数 がんの検診を受けない理由の認識
■外務省のHPでも紹介されました


■銀座の看板にも登場
ジャパンタイムズ
テレビ・ラジオ
「スーパーニュース」フジテレビ
「いのちドラマチック」NHK BSプレミアム
「中天電視(CTI)」台湾
「スピーク」フジテレビ
「ためしてガッテン」NHK
「スーパーモーニング」テレビ朝日
「アメリカ」CNN
「スーパードックで早期発見」毎日放送
「Nスタ、スーパードック現る」TBS
「がん探知犬」オーストラリアABC放送
「夕焼けシャトル」FM NACK5(ラジオ)
ドイツ公共ラジオ放送(ARD、ラジオ)
「高嶋ひでたけのあさラジ!」ニッポン放送(ラジオ)
・・・他多数

■がん探知犬 お見事
読売新聞夕刊
新聞・雑誌
総合医学情報誌 日本医事新報(週刊誌)
潜むがんかぎ出せ、東京新聞(朝刊、新聞)
「がん早期発見 最新マニュアル」週刊文春(雑誌)
「がんと闘う! 最前線」女性自身(雑誌)
「シリーズ顔 佐藤悠二」読売新聞(新聞)
「がん探知犬 お見事」読売新聞(夕刊、新聞)
「Men's Health magazine」アメリカ(雑誌)
「Wall Street Journal」アメリカ(雑誌)
「Deborah Huso」アメリカ(雑誌)
「La Vanguardia」スペイン(新聞)
「El Mundo」スペイン(新聞)
「Folha de S.Paulo」ブラジル(新聞)
「The Globe and mail」カナダ(新聞)
「がん探知犬」共同通信(新聞)
・・・他多数

研究発表

セント・シュガーさんの 研究発表(論文
医学誌GUT掲載論文 (2011年1月31日付))
http://stsugar.com/
publication/
GUTとは、消化器内科・消化器外科・内視鏡などに関する臨床医学ジャーナルのインパクトファクター一覧で1位です。
http://blog.livedoor.jp/
wedi-imp/archives/
1014479076.html
インパクトファクター(impact factor、IF)とは、自然科学・社会科学分野の学術雑誌を対象としてその雑誌の影響度、引用された頻度を測る指標です。