44歳 男性 会社経営者
 父親は私が5歳のときに急性骨髄性白血病で亡くなりました。当時は白血病はなかなか治らない病気でした。
 私も父親の年齢を超えて、がんを意識さぜるをえなくなりました。この「DOGLAB」は白血病さえも見つけることができると聞いて、毎年2回受けることに決めています。
今度は妻へ、マンモグラフィーが嫌だと言っていたので「DOGLAB」キットを誕生日プレゼントに送りたいと思っています。
東京都 女性 42歳 主婦
 現在授乳中のママです。妊娠中「生まれてくる子供のために、将来ずっと元気でいたい。」という気持ちが強くなり、人間ドックを受けようと思いました。
 しかし妊娠中は放射線を浴びる検査となるため、受診することができませんでした。
無事に出産を終え、今度こそという気持ちで人間ドックの申し込みを行うと、「乳腺が発達しているので正しい診断ができない」という理由で、一番受けたかった乳がんドックを断られてしました。
 断乳してまで検査を受けるのかどうか悩んでいたところ、DOGLABを知りました。自宅で呼気を入れるだけなので、妊娠中・授乳中でも安心して調べる事ができました。今回は何事もなくほっとしましたが、今後は毎年受けようと思っています。
72歳 男性 飲食店経営者
 私は一年半前に胃がんの手術をしました。それまでは健康が取り柄で、医者とは無縁でした。
「DOGLAB」を知って、これなら自分にもできると思いました。店が忙しい時でも、病院にわざわざ行かずにがん判定ができるので助かります。万一異常が見つかった場合は、提携病院等に紹介してくれるという点も安心しました。
 今回初めて利用してみましたが、おかげさまで異常無しでした。今後も利用させてもらおうと思っています。
45歳 男性 医者(クリニック経営者)
 職業柄、身体には相当気をつけています。運動不足になりがちなので、休日は趣味のサーフィンで心も身体もリフレッシュしていますが、毎日患者さんを診て忙しく過ごしていて、なかなか自分自身の定期検査をする時間が取れません。
 これではいけないと思っていたところ、「DOGLAB」のことを聞き、受けてみようと思いました。
 簡単ながん判定で時間も節約できて、忙しい私にはピッタリです。これならば毎年受ける事ができると喜んでいます。
38歳 女性 主婦
 私は10年ほど前に、まだ20代で乳がんの手術をしました。
 それまでは病気知らずで、子育ての傍らロックのライブにも通う元気いっぱいの主婦だったんです。
 術後経過は順調で毎年定期検査を受けていますが、これがなかなか辛いんです。
 検査の種類が多く、苦痛を伴う検査もあるし、病院での時間もかかりストレスもたまります。
 今回初めて「DOGLAB」を受けてみました。家で呼気を採取して送るだけ。結果も郵送してくれるので、簡単でストレスもありません。今回異常なしの結果を受け取りました。これならば毎年がん判定できそうです。これからも身体に気をつけて、家族のためにもがんばります!
59歳 男性 会社役員
 私の年代になると、がんにかかる友人も多くなってきます。ゴルフ仲間ががんにかかったと聞いた時はショックでしたね。
 自分も気をつけなくてはと思っていても海外出張が多いため、定期検査の時間を作ることがなかなかできません。
 「DOG LAB」は忙しい私でも簡単に利用できるので、助かります。
私は毎年利用していますが、毎回異常なく元気です。社員にも勧めてみようと思っています。

研究発表

セント・シュガーさんの 研究発表(論文
医学誌GUT掲載論文 (2011年1月31日付))
http://stsugar.com/
publication/
GUTとは、消化器内科・消化器外科・内視鏡などに関する臨床医学ジャーナルのインパクトファクター一覧で1位です。
http://blog.livedoor.jp/
wedi-imp/archives/
1014479076.html
インパクトファクター(impact factor、IF)とは、自然科学・社会科学分野の学術雑誌を対象としてその雑誌の影響度、引用された頻度を測る指標です。