DOGLABとは ―ステージゼロからの発見―

DOGLABとは、優れた犬では人間の1億倍以上ともいわれる嗅覚を利用して、人間の呼気、いわゆる息のニオイでがんを早期発見する新しいがん判定になります。
 すべての病気にはニオイがあります。例えば糖尿病の方は甘いバニラのニオイ、痛風の方は汗臭いニオイがします。がんに関しても研究が進む中で、ガン細胞そのものにニオイ
があることが分かってきました。
 がん探知犬の感度は非常に高く、早期がんや高度異形性にも反応し、その的中率は大学の研究機関により100%近いと実証されております。
 また、血液のがんともいわれる白血病、そして沈黙の臓器といわれるすい臓がんもステージゼロで見つけた実績があります。将来的にはがん探知犬の高い的中率を基に呼気センサーの開発を行っていきたいと思っております。
 すべての方にすべてのがんに対応した呼気センサーを使用して、がん検査が行える日まで、私たちはこの事業を継続させる使命があると思っております。

研究発表

セント・シュガーさんの 研究発表(論文
医学誌GUT掲載論文 (2011年1月31日付))
http://stsugar.com/
publication/
GUTとは、消化器内科・消化器外科・内視鏡などに関する臨床医学ジャーナルのインパクトファクター一覧で1位です。
http://blog.livedoor.jp/
wedi-imp/archives/
1014479076.html
インパクトファクター(impact factor、IF)とは、自然科学・社会科学分野の学術雑誌を対象としてその雑誌の影響度、引用された頻度を測る指標です。